お知らせ

背景画像
背景画像
背景画像
背景画像
背景画像
背景画像
背景画像
背景画像
背景画像
背景画像
背景画像

ニュース

Care TEX TOKYO’22 出展決定

東京ビックサイト/ケアテックス東京’22

2022年3月9日(水)〜2022年3月11日(金) 9:30-17:00

株式会社Ecold(以下、当社といいます)は2022年3月9日(水)から東京ビックサイトで開催されるCare TEX TOKYO ’22(ケアテックス東京’22)の障がい者・障がい児福祉支援ゾーン(南展示棟)に現役児発管が開発したデジタルサービス EcoldLINK と大阪大学発ベンチャー 株式会社ヒューステックが開発し、当社が販売元である SHAKE SYNC を展示することに決定しました。

EcoldLINKサービス紹介

当社では2019年に会社設立から医療と保育の技術を掛け合わせる療育を児童発達支援・放課後等デイサービス(根拠法令「児童福祉法」)という形で子会社、フランチャイジーなどと全国展開をしているところですが、高度な専門性が求められる療育の普及には管理者及び児童発達支援管理責任者並びに保育士等の事務負担軽減が必須であると考えてきました。

そして実務を現場で行う中で生産労働人口の減少により経験豊かな団塊の世代の保育士が現場を離れ、20代の保育士が活躍する時代になりつつある中でデジタル活用はさらに重視されるようになりました。

しかしながら当社COO中山のぞみが児発管として感じてきたのは20代の保育士などデジタルネイティブユーザーが直感的に使え、子どもを育てる20代、30代の保護者も安心して使いこなせるデジタルサービスがないことでした。

これにより、当社はこれまで現場児発管として勤務してきたCOO中山を現場から離れて開発責任者としてEcoldLINKの開発などに集中してきました。

そして、昨年(2021年)に1年間の実証実験やβ版のリリース、多くの改修を経て2022年1月に有償版EcoldLINKをリリースすることができました。

「やっぱり現場」の信念から生まれた

当社では引き続き、医療と保育の技術を掛け合わせる療育の質を追求する研究開発を継続しつつ、「やっぱり現場」の信念を持ち、全国で質の高い療育を目指す児童発達支援管理責任者や保育士などが子どもや家族に向き合える時間とその質を高めていくため、私たちの現場から生まれたEcoldLINKを全国の療育施設に広げていきます。

ぜひ、東京ビックサイト南展示棟で展示するEcoldLINKとSHAKE SYNCをご覧なる機会をお持ちいただき、当社の「やっぱり現場」の信念から生まれたデジタルサービスの良さを感じて貰えればと思います。

【本件のお問合せ先】

株式会社Ecold (北村)

TEL(代表) 06-6155-7602

Mail office@ecold.jp

TOP > お知らせ